1962S37酒井倭子3酒井 昭和37年3月三島合宿.jpg

東京都大学ソフトボール連盟の歴史・伝統について

 

◇東京都大学ソフトボール連盟の歴史

・1969年(昭和44年)から、東京都世田谷駒沢公園等、日本体育大学世田谷キャンパス等で開催。

・日本の大学連盟で最も古い歴史がある。(東京オリンピック1964年:昭和39年開催)

・当時は、日本体育大学:下奥信也先生を中心に連盟が発足した。

◇開催理由

ソフトボール競技の普及・発展のため、連盟を組織した。

 

◇登録数

・男子17大学・女子16大学、約900名の指導者・学生が登録している。

・1部、2部に分かれており、春と秋にリーグ戦を実施している。

 

◇春季リーグ戦の位置づけ

・全日本大学選手権の出場をかけて、熾烈な出場権争いを行っている。

・インカレ出場枠、男子4枠、女子5枠(2021年度現在)

◇日本代表選手排出

・本連盟から、オリンピック選手、世界選手権代表選手等を多く輩出。

◇アトランタ五輪1996年 4位

・藤本桂子(東京女子体育大学) ・持田京子(日本体育大学) ・高山樹里(日本体育大学)

◇シドニー五輪2000年 銀メダル

・高山樹里(日本体育大学) ・増淵まり子(東京女子体育大学)

◇アテネ五輪2004年 銅メダル

・高山樹里(日本体育大学) ・佐藤理恵(東京女子体育大学:現監督)

◇北京五輪2008年 金メダル

・佐藤理恵(東京女子体育大学:現監督) ・藤本索子(日本体育大学)

◇東京五輪2021年 金メダル

・森さやか(東京女子体育大学)

・特に日本体育大学、東京女子体育大学、国士舘大学は、多くの指導者を輩出し、現在のソフトボール界を支えてきている。

・名実ともに、我が国の大学ソフトボール界の一翼を担い、その使命を果たしている。

◇過去の大学選手権の記録について(過去56回大会を開催)

東京都に所属している大学の成績

・男子優勝40回、準優勝14回

・女子優勝36回、準優勝32回

東京都と東京都の決勝試合

男子:15回、 女子:24回 決勝戦を行っている。

全日本インカレに出場すれば、必ず決勝に行くレベルのチームが集まっている組織でもあり、非常に競技レベルが高い。

2016年度より、連盟の更なる強化を目指し、春季リーグ戦を予選後に、男女1部特別ページシステムを実施

例年になく、リーグ戦が盛り上がっている。

2021年、東京オリンピックにて、女子ソフトボールが金メダルを獲得するという快挙を成し遂げた。

コロナ禍の中、ソフトボール界が盛り上がった瞬間だった。

ソフトボールをする楽しさ、見る楽しさ、支える楽しさ、すべての面をこの東京都リーグで感じて欲しい。

​大学ソフトボール界の最高峰、東京都リーグで繰り広げられる熱戦に、目が離せない。

IMG_20150701_0001.jpg