​東京都大学ソフトボール連盟

佐藤理恵先生.jpg

​会長

​佐藤 理恵

第54回東京都大学ソフトボール連盟春季リーグ戦兼文部科学大臣杯第57回全日本大学ソフトボール選手権大会東京都一次予選会の開催に当たりまして、ご協賛をいただいた各企業団体の皆様、ご尽力いただいた連盟の皆々様に心より御礼を申し上げます。

また、日々、コロナウイルス感染症対策を行いながら、様々な制限下の中で練習を行っている大学も多いかと思いますが、このように東京都大学リーグ戦を開催することができることを、大変嬉しく感じるとともに、感謝を申し上げたいと思います。

さて、昨年から今年に入り、未だコロナ禍ではありますが、東京オリンピック・北京オリンピックが開催され、スポーツに関わる私たちに勇気と感動を与えてくれましたが、その一方で、ドーピング問題や、疑惑判定、規定違反等、様々なオリンピックの問題が浮き彫りにもなりました。4年間、またそれ以上の人生を懸けて努力してきた選手の純粋な成果を披露する五輪で、このような問題が起こってしまったことに、五輪の本当の価値とは何なのかと私自身考えさせられました。

東京都大学ソフトボール連盟は1966年に発足して現在に至るまで、大学ソフトボールの普及・発展・強化に努め、大学ソフトボールの存在価値を高めてこられました。春季リーグも54回目となります。今の時代に関わる私たちは、この先人たちが創り上げられてきた歴史と伝統をしっかり継承し、大学ソフトボールの価値を高める義務があります。春季リーグ戦では、魅力あふれるプレー・公平なジャッチ・きめ細かな運営・SNSを活用した試合速報など、全員の力を集結して春季リーグ戦の成功を目指して行きたいと思います。何卒、ご協力の程よろしくお願いいたします。

最後になりますが、春季リーグ戦開幕に向けて多くの関係者にご支援、ご協力をいただきましたことを、深く感謝を申し上げあいさつとさせていただきます。

柴田委員長 顔写真.jpg

​学生委員長

​柴田 大雅

​(東京大学 4年)

本年度学生委員長を務めます東京大学4年の柴田大雅です。
まず初めに私自身の話をさせていただくと、私は大学からソフトボールを始めました。高校時代は軟式野球部に所属しており、大学でも野球を続けるか迷っていたところ、ソフトボール部の雰囲気に惹かれ、いつの間にかソフトボールをしていました。それからというもの、
ソフトボールのスピーディーな試合運びや攻撃・守備の多様な手法に魅了され、現在ではソフトボールの虜となっています。
しかしながらこのような魅力を持ちながらソフトボールは未だマイナー競技であり、昨年オリンピックで女子日本代表が金メダルを獲得しましたが、ソフトボール界が盛り上がったとは言えない状況が続いております。
この状況をすぐに変えていくことはとても難しいことです。そこでまずは当連盟に所属している選手・関係者が存分にソフトボールに打ち込み、楽しむことから始まり、そして発信していくことでソフトボール界が盛り上がるのではないかと考えております。
こういった理由もあり、現在ホームページの改訂など今年度は広報に力を入れて取り組んでいきたいと考えております。
多くの人々がソフトボールという競技を魅力的なものであると思ってもらえるよう、学生役員、そして東京都大学ソフトボール連盟に所属している一同で励んでまいります。