2020  東京都学連HP用 写真.jpg

 

東京都大学ソフトボール連盟の紹介

 東京都大学ソフトボール連盟の歴史は古く、1969年(昭和44年)からソフトボール競技の普及・発展のために連盟組織を構成し、東京都大学ソフトボール連盟としてスタートした。

 春(4月)と秋(9月)にそれぞれリーグ戦を行い、本年で52回目の歴史と伝統を誇る組織であり、日本で最も古い大学組織の連盟でもある。

 現在では、男子17大学、女子16大学が加盟し、約900名の学生、監督、コーチ等が登録しており、男女共に1部~3部で構成されている。

 また、春に開催する春季リーグ戦は、文部科学大臣杯全日本大学ソフトボール選手権大会(通称:全日本インカレ)の東京都ブロック予選を兼ねて開催しており、熾烈な出場権争いが行われている。

 本連盟の競技レベルは非常に高く、全日本インカレの優勝大学が多数輩出されると共に、オリンピック選手や日本代表選手、大学代表選手なども輩出しており、名実ともに我が国の大学ソフトボール界の一翼を担い、その使命を果たしてきている連盟である。

【贈呈式】

 東京女子体育大学に、東京オリンピック金メダリスト“森さやか”選手が来校されました!森選手にインタビューをさせて頂き、オリンピックで世界一になったときの思いや東京都のソフトボール選手へ向けて熱いコメントなどをたくさん頂きました!

 そして東京都大学ソフトボール連盟より、お祝い記念品としてクリスタルの時計を贈呈致しました!また、本連盟 Instagram・Twitterアカウントの方にもアップしているので是非チェックしてみてくださいね!

 森選手、金メダル本当におめでとうございます! 貴重なお話をありがとうございました!!

 [ Instagram ]@usft2016 

 [ Twitter ]@tokyosoftball